中島真志氏の「アフター・ビットコイン」の目次を知りたい人必見です!

アフター・ビットコイン仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者.png

中島真志氏の「アフター・ビットコイン」は大手書店でも、
楽天やAmazonなどの大手通販サイトでも好評中の書籍です。


仮想通貨やブロックチェーンの概要や、
今後の動向を追いたい人にとってはまさに基礎となる書籍だといわれています。


そんな中島真志氏の「アフター・ビットコイン」の内容の目次は以下のようになっています。


序章 生き残る次世代通貨は何か
1.過大評価されている仮想通貨?
2.期待が高まるブロックチェーン
3.中央銀行によるデジタル通貨発行への取組み
4.ブロックチェーンがつくる新たな未来

第1章 謎だらけの仮想通貨
1.すべての始まりはビットコイン
2.ビットコインはどうやって使うのか
3.ビットコインを支える不思議なメカニズム
4.ビットコインの新規発行「マイニング」の仕組み
5.1000種類以上もあるビットコイン類似の仮想通貨:アルトコイン
7.ビットコインは果たして通貨か?

第2章 仮想通貨に未来はあるのか
1.ビットコインのダーティーなイメージにつながった3つの事件
2.一握りの人のためのビットコイン
3.ビットコインの仕組みに問題はないのか?
4.ブロックサイズ問題がもたらしたビットコイン分裂騒動
5.政府の介入によってビットコインは終わる?
6.健全なコミュニティはできているのか?
7.ビットコインはバブルか?

第3章 ブロックチェーンこそ次世代のコア技術
1.これは本物の技術だ! 
2.ブロックチェーンの類型
3.代表的なブロックチェーン
4.金融分野におけるブロックチェーンの実証実験の動き
5.ブロックチェーン導入時に決めるべきこと

第4章 通貨の電子化は歴史の必然
1.貨幣の変遷は技術進歩と共に
2.15年前から始まっていた通貨の電子化
3.実証実験に動き出す世界の中央銀行

第5章 中央銀行がデジタル通貨を発行する日
1.2種類の中央銀行マネー
2.銀行券を電子化する「現金型デジタル通貨」
3.銀行経由で発行する「ハイブリッド型デジタル通貨」
4.当座預金の機能を目指す「決済コイン型デジタル通貨」
5.デジタル通貨は新たな政策ツールとなるか?

第6章 ブロックチェーンによる国際送金革命
1.高くて遅い「国際送金」の現状
2.安くて早い国際送金を目指す「リップル・プロジェクト」
3.国内におけるリップル・プロジェクトの展開

第7章 有望視される証券決済へのブロックチェーンの応用
1.中央集権型で複雑な現行の証券決済
2.相次ぐ実証実験プロジェクト
3.証券決済への適用時に考慮すべき点

引用元:アマゾン



中島真志氏の「アフター・ビットコイン」は、Amazonで中古本887円からと、
他のサイトと比べてもダントツで安い価格で入手できます。



もし楽天ポイントが欲しいなどの特別な理由がない限りは、
Amazonで購入したほうがお得です。


「アフター・ビットコイン」の目次も含めたさらなる詳細と、
価格について確認したい人はこちら!


↓↓↓





この記事へのコメント